歯が黄色くなってしまう原因ってなんだろうか?

歯が知らない間に黄色くなってしまい、ステインだらけになっていることってありませんか?そもそも歯が黄色くなってしまう原因ってなんなのでしょうか?意外とたくさんありますので、自分がしていないかチェックしてみましょう。

歯が黄色くなってしまう原因は意外と多い?

歯が黄色くなってしまう原因といえば、皆さん思い浮かべるのは、タバコ、コーヒーなどではないでしょうか?もちろん、正解なのですが、他にもたくさん歯が黄色くなってしまう原因はあります。

歯が黄色くなってしまう原因①:エナメル質の汚れ

歯の表面はエナメル質と呼ばれるもので覆われています。このエナメル質が汚れてしまうと、歯に黄ばみが発生してしまいます。歯が黄ばむ原因だけではなく、口臭などの原因にもなると言われております。

歯が黄色くなってしまう原因②:食生活

生きていくためには、食事をしていかないといけません。毎日色のついた物を食べてしまっています。例えば、コーヒー、紅茶、醤油、コーラ、ワインなどは色がつきやすい食べ物、飲み物です。

色の濃い食事は、歯に色が付きやすいです。色が濃い食べ物を食べたら歯が黄ばむから食べないってことはできるだけしたくないですよね?我慢しなくても大丈夫です。色の濃い食べ物を食べてもしっかりケアをすれば問題はありません。

食べたい物を食べれないことのストレスの方が大きいので、食べた後はしっかりケアをするようにしましょう。

歯が黄色くなってしまう原因③:歯石

普通の歯磨きでは中々完全に落とすことは難しいと言われている歯石。歯石を取らずにそのまま放置していると、歯石が原因ではが黄色く見えてしまったり、歯茎が汚れているように見えてしまいます。

歯医者で歯石取りを定期的に行ったり、歯垢除去力が高い電動歯ブラシを使うなどをしてケアをしましょう。

歯が黄色くなってしまう原因④:タバコ

歯が黄色く見えてしまう、最大の原因といっても過言ではないタバコのヤニ。タバコのヤニは黄色く歯に着色しやすいです。歯が黄色くなるだけではなく、口臭の主な原因にもなります。

歯が黄色くなってしまう原因⑤:エナメル質が減っている

歯の表面はエナメル質で覆われています。このエナメル質が実は白いんです。エナメル質の下に象牙質というものがあるのですが、この象牙質が若干黄色いんです。

エナメル質が減ってることによって、象牙質が透けて見えてしまうため、歯が黄色く見えてしまうんです。歯を白くしたいと思って、歯磨き粉を強くしているとエナメル質が減ってしまいますので、優しく歯磨きをするようにしましょう。

歯が黄色くなってしまう原因はホントにたくさん

歯が黄色くなってしまう原因は、タバコ、食べ物などによる着色以外にもたくさんあります。歯が黄色くなってしまう原因と改善することも大事ですが、ちゃんとケアをすることも大事です。

ホワイトニング歯磨き粉を使ったり、電動歯ブラシを使ったりしてホワイトニングケアを行っていきましょう。